環境への取り組み

環境への取り組み① リユース輸送箱

使い捨て時代の終焉

アパックスは、使い捨て時代の終焉を宣言すべく、あたらしいカタチを提案します。
それが弊社の主力製品であるプラスチックおりたたみコンテナ「アパコン」シリーズです。
高いリユース性能で、コストの削減のみならず、ゴミ排出を抑え、環境負荷の低減を実現します。
アパックスは、環境汚染や資源枯渇の問題を真剣に捉え、流通の効率化や再利用を考慮した素材と形づくりを実践し、プラスチック資材のリサイクルや有効活用も積極的に取り組んでいます。

環境への取り組み② マテリアルリサイクル

実践しています

アパックスは、環境対応のひとつとして「マテリアルリサイクル」に取り組んでいます。
当社製品の主材料であるプラスチックダンボールは、紙ダンボールによく似た中空状のシートで、ポリプロピレンでできています。
このプラスチックダンボールを加工するときに出る断裁くずを粉砕・ペレット化し、アパコンを構成する各部品として再生しています。
さまざまな色の断裁くずを使用するので、再生部品は濃い色で着色しなくてはいけません。
アパコンの部品の色が黒色なのは、マテリアルリサイクルを実践している証です。

マテリアルリサイクルの流れ
プラダン断裁屑

1.プラスチックダンボールの断裁屑

製品に加工する際に出る、裁ち落とし部分で、汚れなどがなくマテリアルリサイクルには最適です。

プラダン粉砕物

2.プラスチックダンボールの粉砕物

すべての断裁屑をリサイクルするため、色にはこだわらず粉々に粉砕します。

再生ペレット

3.ペレット

部材に再加工するため、ペレット化します。

再生部材

4.再生された部材

普通であれば捨てられる運命にあったプラスチックダンボールの断裁屑は、さまざまな部品に生まれ変わりました。

アパコンに組み込み

5.アパコンに組み込み

再生部材は、アパコンの基本重要部品として使用されます。

環境への取り組み③ サーマルリサイクル

自社製品への責任

アパックスは、自社製品が役目を終えたときのことまでも考えています。
今まで、多くのプラスチックボックスは不要になった場合、埋め立て処分もしくは焼却処分されていました。
そこでアパックスはかけがえのない地球環境と大切な資源を考え、アパコンを開発段階からリサイクルの容易さを考慮し創りあげました。
アパコンは素材をポリプロピレンのみで構成し、単一素材化しています。
そして、ポリプロピレン・ポリエチレン・ポリスチレンを油化するため、廃プラスチック油化装置を独自に開発いたしました。
ついに今、不要になったアパコンはプラスチック樹脂の元の姿である油に戻し、再利用(サーマルリサイクル)することが可能となりました。

サーマルリサイクル概要
役目を終えたアパコン

1.役目を終えたアパコン

箱としての役目を終えたアパコンですが、モノとしての命は尽きていません。油化し再利用されることで新しい命を吹き込みます。

粉砕処理

2.粉砕処理

油化装置に投入するために粉々に粉砕します。

プラダン粉砕物

3.粉砕物

このような粉々の状態で油化装置に投入し、処理します。

油化装置「フェニッカ600」

4.油化装置「フェニッカ600」

粉砕物を連続で供給し油化することが可能です。

抽出された油

5.抽出された油

油は、比重によって3種類に分かれて抽出されます。また、油化した後には微量の残さが出ます。

油で発電機を稼働

6.油で発電機を稼動

抽出された油は、弊社独自の技術でエマルジョン化して発電機に供給され、発電を行います。

生産ラインを稼働

7.作り出された電力で生産ラインを稼動

廃棄アパコンからつくり出された電力は製造ラインに供給され、新しいアパコンを作るためのエネルギーとして使われます。

環境への取り組み④ リペア・メンテナンス

自社製品への責任

アパックスは単なるパッケージ製造から一歩踏み出し、リペア・メンテナンスで循環型物流システムの構築をお手伝いいたします。
アパコンの持つリユース性能をメンテナンスでさらに強力なものにし、より高いリデュース効果を発揮すると同時に梱包材コストの削減を実現いたします。

リペア・メンテナンスの一例

一般路線便で何回も行き来したアパコン

送り状の貼付け跡が大量に付き、コーナーパーツも破損している。

クリーニングし、補修を施した状態

新品同様になる事はありませんが、汚れて破損し廃棄するはずの箱が再び命を吹き込まれ、もう一度世の中を駆け巡ります。