プラダンならアパックス~プラダン営業社員ブログ~

2013.08.20 | フジロックに行ってきました②

私たちは、フジロックでは

毎年、3泊4日のキャンプで過ごします。

駐車場からキャンプサイトまでは距離があり

荷物を持っての移動は結構な重労働なのですが

毎年アパコンが活躍してくれます!

 

荷物の梱包状態はコチラ

↓ ↓ ↓

197 

 

今年はアパコン用心棒タイプをチョイス。

アパコンにはランプ、寝袋などのキャンプ道具や飲み物や食料が入っております。

これ以外に衣類などをいれた40ℓのザックを背負って移動します。

ちなみにテントは共同のため友人に持ってもらっております。

 

今年は雨が多く、移動中もかなり雨に降られましたが

蓋付きのアパコンで、雨水の侵入は殆どありませんでした!

 

199

ゴツいキャリーにアパコンを載せて

折畳み椅子やテーブルを載せております。

 

キャンプ場ではディスカウントストアなどで買える華奢なキャリーをお使いの方を多く見かけます。

私も初参加の時は華奢なキャリーを使用しましたが

荷物の重みで横に倒れてしまったり、砂利道でタイヤを取られたりと結構大変でした。

これくらいのゴツいキャリーが非常に使い勝手が良くお薦めです。

 

フジロックは舗装された道が殆どなのでまだ良いですが

フジロックの姉妹イベントの「朝霧ジャム」などでは更に長距離の未舗装道路&悪路のため

華奢なキャリーでは逆に苦労することもあります。

最近ではネットや一部アウトドアショップなどでも似たようなゴツいキャリーを購入することができますよ。

 

 

また、積んだ荷物と荷物の間に自動車のトランクなどに敷く滑り止めシートをはさんでおくと

荷崩れしづらく、安定しますので、こちらもお薦めです!

 

 

来年は、プラダンを利用して

なにかテント周りを充実&過ごし易くできるようなものが作れないか・・・と密かに思案中です。

 

なにか良いアイデアがありましたら

是非お聞かせください!