プラダンならアパックス~環境への取り組み~

環境への取り組み② マテリアルリサイクル

実践しています

アパックスは、環境対応のひとつとして「マテリアルリサイクル」に取り組んでいます。
当社製品の主材料であるプラスチックダンボールは、紙ダンボールによく似た中空状のシートで、ポリプロピレンでできています。
このプラスチックダンボールを加工するときに出る断裁くずを粉砕・ペレット化し、アパコンを構成する各部品として再生しています。
さまざまな色の断裁くずを使用するので、再生部品は濃い色で着色しなくてはいけません。
アパコンの部品の色が黒色なのは、マテリアルリサイクルを実践している証です。

マテリアルリサイクルの流れ
プラダン断裁屑

1.プラスチックダンボールの断裁屑

製品に加工する際に出る、裁ち落とし部分で、汚れなどがなくマテリアルリサイクルには最適です。

プラダン粉砕物

2.プラスチックダンボールの粉砕物

すべての断裁屑をリサイクルするため、色にはこだわらず粉々に粉砕します。

再生ペレット

3.ペレット

部材に再加工するため、ペレット化します。

再生部材

4.再生された部材

普通であれば捨てられる運命にあったプラスチックダンボールの断裁屑は、さまざまな部品に生まれ変わりました。

アパコンに組み込み

5.アパコンに組み込み

再生部材は、アパコンの基本重要部品として使用されます。