プラダンならアパックス~プラダン製品情報~

プラスチックダンボールとは?

プラダンとは?

プラスチックダンボールプラダン)とは、ポリプロピレンを素材とする、中空のプラスチックボードです。
中空構造なので非常に軽量、水・油・薬品などに強く、高い耐久性があります。
アパックスとプラダンとのかかわりは、すでに30年以上。常にプラダンという素材の可能性を追求してきました。
当初は加工技術も未熟でしたが、お客様にプラスチックダンボールを御紹介していく中で、「こんなことに使えるかも」から始まり、「こんな加工が出来ないか?」と発展。
そんな長きにわたるお客様とのコラボレーションでプラダン加工技術・製品製造技術を培って参りました。

プラダンシート加工技術の一例

プラスチックダンボールシートはすべて自社開発の加工機械を使用し加工。
これらプラダンシートの加工後、さまざまな部品を組み合わせ、通い箱などに使用されるプラダンコンテナ折りたたみコンテナや、組仕切・内装材などの製品が完成します。

プラダン加工

断裁加工

プラダンを自由な寸法にカットが可能です。

プラダン加工

プレス加工

抜型を使用し、プラダンを自由な形状で打ち抜きます。
プレス加工には抜型が必須なので、抜型を作成し、抜型代をご負担いただく必要があります。

プラダン加工

罫線加工

プラスチックダンボール表面に罫線状に凹みを入れ、折り曲げ機能を持たせます。

プラダン加工

ハーフカット加工

プラダン断面に切り込みを入れることで、ヒンジ機能を持たせます。
この加工は主力製品の通い箱などに最適な折りたたみコンテナ「アパコン」の重要な構成技術です。
(プラダンの幅面の直角方向にしか加工できません)

プラダン加工

Vカット加工

プラスチックダンボール断面にV字状の溝の切り込みを入れることで、ヒンジ機能を持たせます。
通常の罫線加工より反発が少なく、折り曲げがスムーズです。
(プラダンの幅面の直角方向にしか加工できません)

プラダン加工

熱罫線加工

プラダン表面をV字状に融かし、ヒンジ機能を持たせます。
通常の罫線より反発が少なく、さらに熱を加えてあるので折り曲げ耐久性がアップします。
(プラダンの幅面の直角方向にしか加工できません)

プラダン加工

ヒータープレス加工

プラスチックダンボールの表面を直角に溶着することで、90度の角度で固定します。
通常の罫線では出せない剛性の高い角部を作ることが可能です。
ただし、折り曲げはできません。
この加工は主力製品の通い箱などに最適な折りたたみコンテナ「アパコン」の重要な構成技術です。

プラダン加工

Rシール加工

プラスチックダンボールの幅面のストロー状の穴を熱で溶かしシールで封印します。
プラダンの目に水やほこりが浸入するのを防ぎます。